神奈川の幼児向け室内遊び場おすすめ5選ランキング!雨の日のレジャーに

雨が続く梅雨時や寒い冬の日は、お部屋にずっとこもりっきりが続くのがなかなか辛い時がありますよね。

そんなときの強い味方が子どもが思いっきり遊べる室内レジャー施設です!

アヒルママ

パンダ博士、アヒルぼうやが思い切り遊べる神奈川の室内遊び場を教えて!

パンダ博士におまかせ!おすすめをランキング形式で紹介しましょう。

パンダ博士

こちらの記事では、神奈川県の幼児向け室内遊び場ランキングベスト5をご紹介致します。

神奈川県の幼児向け室内遊び場ランキングベスト5

第5位 ふわふわキッズ横浜ワールドポーターズ

ふわふわキッズ横浜ワールドポーターズは、みなとみらいの横浜ワールドポーターズ4階にある格安価格で楽しめる室内アスレチック。

アスレチックに、おままごとコーナー、乗り物コーナー、パパママも嬉しいマッサージ機コーナーやコミックコーナーなども。

赤ちゃん専用のベビーコーナーもあるので、はいはいさせて遊べますね。

そして嬉しいのが良心的な価格でこども1名、保護者1名で2時間1000円、平日ならフリータイムで2000円、アフター5なら900円で遊び放題です。(2018年5月現在)

他の室内アスレチックに比べるとお財布への優しさはピカイチです!

土日は混雑し入場も並ぶので、平日が狙い目になっています。

横浜ワールドポーターズには、映画館やショッピング、カフェにレストラン(シルバニアファミリーがおすすめ)、またベビーカーの貸出などもあるので1日過ごせますし、お向かいには入場料も安く子供も楽しめるカップヌードルミュージアムもあります。

公式サイトはこちら

第4位 横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール

小さいお子さんがみんな大好きなキャラクターといえば、やなせたかし先生のアンパンマン。

アンパンマンミュージアムは全国にありますが、一番最初にできたのが横浜にあります「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」です。

ミュージアムは大人も子供(1歳以上)も一律1500円の入場料がかかりますが、お買い物のできるモールは無料で利用できます。

ミュージアムは屋内の施設で、滑り台や工作コーナー、やなせたかしギャラリー、限定グッズが売っているミュージアムショップ、アンパンマンのおもちゃで遊べたり紙芝居劇場があるキッズコーナー、アンパンマンショーがあるステージなど盛りだくさん。

スタッフのお姉さんも場を盛り上げてくれたりと、明るく楽しい雰囲気にしてくれています。

施設内はあまり広くないので、ベビーカーの持ち込みは禁止になっています、抱っこ紐等があると良いでしょう。

入場無料のショッピングモールでもコンサートやキャラクターのダンスなどがありますが、雨天の場合は中止や別の場所で行われることもあります。

夕方17時半からのイベントは日中に比べると空いているようで穴場の時間となっています。

ちなみに2019年にはマリノスタウン跡地へ移動するとのことで、さらに新しくパワーアップしたアンパンマンミュージアムになりそうですね。

公式サイトはこちら

第3位 神奈川県立地球市民かながわプラザあーすぷらざ

混んでいなくて、入場料も駐車場料金もお安く穴場なのが、こちらの神奈川県立地球市民かながわプラザあーすぷらざです。

未就学児は無料、小中学生は100円、高校生、20歳までの学生は200円、大人は400円とリーズナブル。

国際理解・国際平和を学ぶために建てられたこの施設では、こどもたちが五感を使って考える目的とした展示などがあります。

5階のこどもファンタジー展示室では、見る、聞くなどをテーマにした不思議でおもしろい体験型展示、室内アスレチックやトランポリン、滑り台などがあり楽しめます。

民族衣装や人々の暮らしが分かる展示エリアもあるので遊びながら、いろいろな世界の国に触れられるよい機会となりそうですね!

また、月3回はパンくんというキャラクターがリズム遊びやおはなし会を開いてくれる乳幼児向けのイベントもあります。(先着20名)

パンくんのTwitterがありましたのでご紹介いたします。

お弁当も持ち込んで食べられるので一日ゆっくり過ごすことも可能です。

公式サイトではグーグルマップで館内の様子が見られるのでぜひチェックしてみてくださいね。

公式サイトはこちら

第2位 はまぎんこども宇宙科学館

科学館なんて小学校入学前の幼児には難しいわ…と感じている方も多いかも知れません。

いろんなボタンや仕掛けが沢山の科学館は、好奇心の芽がむくむく湧き出る幼児のお子さんにもピッタリ!

そして入館料もとてもリーズナブルなのも嬉しいポイントです。(土日はこどもは無料!)

宇宙劇場(プラネタリウム)ではドラえもんやポケモンなどキャラクターにより子供向け番組もありますので、暗い場所が大丈夫なお子さんなら楽しめます。

アスレチックなど体を動かせる遊び場、宇宙飛行士のトレーニングのようなアトラクションも子供に大人気で、特に小さい年齢のお子さんには地下にあるロボット型の滑り台が好きな子が多いよう。

シャボン玉サイエンスショー、ミニ実験などライブで楽しめるイベントもあります。

休日や長期休みは駐車場も即満車になり館内も混みますので、平日や、朝早く家を出て開館すぐに行くのがおすすめです。

お弁当も持ち込みOKで、テーブルと椅子のあるランチエリアがあります(お昼時は混みます)

宇宙飛行士、金井さんのツイッターでは「はまぎんこども宇宙科学館」でのイベントに触れていますね。

公式サイトはこちら

第1位 ナムコAsoMIX(アソミックス)ららぽーと海老名店

室内遊園地が人気ですが、比較的新しいのがららぽーと海老名にあるナムコAsoMIX(アソミックス)です。

注目なのが「屋内砂浜 海の子」という固まる白い砂が一面に広がり、室内で思い切り砂遊びが楽しめるコーナーです。

しかも音響と視覚効果で本当の海のように波やお魚が泳ぐ映像が白い砂に映し出され、お魚を捕まえたりと最新テクノロジーで楽しめちゃいます。

トランポリンや、お絵かき、おままごと、自分でパーツを組み合わせられる車の乗り物などワクワクが盛りだくさん。

ただ遊ぶのではなく、体や頭を使って「自由な発想」で遊ぶということがテーマになっています。

また、1歳半のお子さんまで専用の遊びエリアもあるので、赤ちゃん連れママも安心な設計になっているのもポイントです。

海老名駅からすぐというアクセスの良さと、ららぽーとの中にあるので駐車場料金もお買物金額に応じて割引が効くのも嬉しいところですね。

また、子供服専門店や赤ちゃん本舗、フードコートなどが集まる3階にはウッドキューブという木育がテーマの無料キッズスペース、畳エリアなどもありますので一日中いられそうですね。

公式サイトはこちら

まとめ

こちらの記事では、神奈川県の雨や寒い日でも遊べる幼児向け室内遊び場ランキングベスト5をご紹介致しました。

アヒルママ

楽しそうな施設が沢山ね~!

雨の日も寒い日も、熱中症になりそうな真夏も涼しくていいわね、行ってみたいわ。

梅雨や冬も楽しく快適に過ごせるといいね!

パンダ博士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です